未来に伝えたい写真展

まちなかで二宮の魅力を伝え、町歩きをする人を増やしたい。

 

町の活性化や東大二宮果樹園跡地再生に人々の関心を高めるたい。

 

こんな気持ちから、二宮駅周辺から東大二宮果樹園跡地につながる北口通り商店街のお店等の壁面等に写真パネルを設置し、町歩きをしながら鑑賞できる写真展を開催しています。

 

弟橘媛(オトタチバナヒメ)が案内役を務め、二宮の魅力を伝えながら、町案内、道しるべの役割もし、町歩きを楽しめるようにしました。

 

walkwalk(ワクワク)マップに設置場所を記載し、walkwalk(ワクワク)地域探検ツアーとも連動させています。

平成24年度から平成27年度まで東海大学建築学科の大学院生や大学生の協力を得て、写真パネルを作成し、好評を得ましたが、経費、労力がかかるため、「しお風」でこのまま負担しきれず一旦休止し、平成28年度は写真とコラムをラミネートした版の写真パネルを作製し、まちなかで展示しています。

平成28年度

東大二宮果樹園跡地のフェンスに写真パネルを展示して、東大二宮果樹園跡地の魅力を伝えました。
 

弟橘媛(オトタチバナヒメ)が案内役を務めた展示はこちらです。

 

 


平成27年度