東大二宮果樹園跡地の魅力

地の利の良さ

町の真ん中にある広大な土地で駅から北口通りを通って徒歩約30分。

周辺に見どころや体験場所が存在。


元園田男爵の別荘と 梨園

元園田孝吉男爵の別荘と果樹園で療養するために田園生活を送った場所
「梨の会」を催し、多くの人が訪門。


歴史的建造物と果樹園が現存

東京帝国大学時代の歴史的建造物と梨園、柿園などが現存し、梨、柿、キウイ、ポーポー、栗等果樹が多数残存。

大正・昭和の建物が多数残存

約3万7千㎡の敷地に大正、昭和の建物が20棟以上、果樹園現存。


内田元東大総長監修と推定される建物現存

文化勲章を授与された日本を代表する建築家である内田祥三元東大総長が監修したと推定される建物3棟現存

 


様々な木や植物、湧水などの自然の豊かさ

開設時は、珍しい野草も自生し、珍しい木も植栽。現在も様々な木や植物、湧水などがあり、自然豊かな場所。

貴重な遺物が残存

古墳時代の多数の横穴墓があった「諏訪脇横穴墓群からは貴重な遺物が出土

 

 


陸軍洞窟陣地が残存

昭和20年米軍の相模湾本土上陸に備えてた陸軍の洞窟陣地が現存

 

 


青少年を育む様々な体験の場

一部は少年野球チーム一色イーグルスのグランドとして暫定利用。「にのみや子ども自然塾」等も年間利用。


 

 

 

さらに詳細な内容が知りたい方は、次をご覧ください。

全般的に知りたい方は

跡地内に咲く花を知りたい方は、